出雲を舞台にした神話の中でも、特に有名な『須佐之男命(スサノオノミコト)の八俣遠呂智(ヤマタノオロチ)退治』の物語。八頭の大蛇を退治する荒ぶる神の物語として知られますが、その本質は、若い男神・ 須佐之男命が苦難に打ち勝ち、愛する女性・櫛名田比売(クシナダヒメ)の命を守り、出雲の地に幸せな家族を築くラブストーリーなのです。このラブストーリーをモチーフに島根で唯一のだるま職人が、ひとつひとつ手作りで仕上げています。その胸には、大切な人とのご縁が結ばれ、メビウスリングのように途切れることなく続きますようにとの願いを込めて“リボンのマーク”を書き入れています。

暮らしの歳時記

特報!エヴァンゲリオン展に縁結びだるまを納めました。

特報!エヴァンゲリオン展に縁結びだるまを納めました。

 本日、4/20に開幕した『エヴァンゲリオン展』@島根県立美術館において、《縁結びリボンだるま》がオリジナルコラボだるまを納めさせていただきました。地元島根のブランドのひとつとして、主催者よりお声がけをいただき制作させていただきました。

 エヴァコラボだるまは、顔は《縁結びリボンだるま》オリジナルの出雲顔で、それぞれエヴァ零号機、初号機、2号機のイメージで仕上げた計3体。  本日の開幕にあたり、展覧会の成功を祈念して、TVシリーズ当初からエヴァンゲリオンに深く関わってこられた、グラウンドワークス:代表 神村靖宏さんに左目を開眼していただきました。期間中はミュージアムショップにて展示される予定ですので、ぜひご来場の際は合わせてご覧くださいませ。

●エヴァンゲリオン展 @島根県立美術館

会期:4月20日(金) ~ 7月9日(月)

時間:10:00~日没後30分(展示室への入場は日没時刻まで)

休み:火曜日(ただし5月1日は開館)

http://www.shimane-art-museum.jp/exhibition/…/04/029935.html